今どきのネット利用者はたぶんダミーエンターを突破できない

というか今どきの人はダミーエンターをそもそも知らないかもしれない。

ダミーエンターというのは、Webサイトのエンターページの中にある本物ではない入り口のリンクのこと。

あ、次はエンターページの説明か……。

まぁ、昔のWebサイトでは、いきなりトップページ!コンテンツ!といったサイトは少なく、閲覧するにあたっての注意事項とか利用規約(笑)を読ませる、「エンターページ」なるものが存在してました。

普通にリンクをクリックすれば、基本的にメインページに飛ぶんですが、中には意地悪いサイトも……。

実際に体験したいのなら、このページから。

https://wikiwiki.jp/moudameder/個人サイトネタ/ダミーエンター

で、ですよ。

実際にこれと似たようなことを僕は最近やってしまい、見事にほとんどの人を引っ掛からせることをしてしまいした

(いや、まぁ引っ掛からせるためにやったわけではなく、危険が伴うことなのでちゃんと読んでない人を弾かせたのですが……)

自分が制作してたソフトウェアのテスター募集フォームで、このような文言を入れておきました。

そして、結果がこちら。表記ブレは気にしない。

う〜ん、約25%がちゃんと見ているようです。

これは文章の長さでも割合が変わってくると思いますが、この長さでこの割合、こんなもんなのか。

ほら読んでないでしょ。利用規約に隠された「トイレ掃除」に2万2000人がうっかり同意

そういえばこういう記事があったなぁ、なんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です